次のタグのアイテムを表示しています: Technical Rope Rescue

コースの紹介:

峡谷や崖、あるいはビルや鉄塔、地下道や洞窟など、足場が不安定で高低差がある場所で、 ロープを使用したレスキュー活動を行う際に必要となる知識や技術、また安全確保などを体系的に学びます。
クライマーが登攀中に行う、山岳救助と呼ばれる技術とは区別された、組織的レスキューを前提にしていますので、消防や高所作業を行う企業などにもっとも有効なトレーニング・プログラムです。アメリカの消防基準であるNFPANational Fire Protection Association=全米防火協会)のスタンダードを基準とした、3日間のテクニカルロープレスキューコースです。現在、全国で新しい資器材を利用した都市型ロープレスキューの導入が進んでおります。

 

追加情報

  • 主催 レスキュー3ジャパン
  • 料金 46,000円
  • プラクティス受講費 1日5,000円
  • 保険料 500円 (1000yen for practice pers.)
  • 場所実技 NOASCニセコ
  • 場所座学 NOASCニセコ
  • 最少催行人数 8
  • 最大人数 15人 + 5プラクタス人
  • 締切日 水, 02 4月 2014