Training and Rescue Courses
Training and Rescue Courses

Training and Rescue Courses (7)

NOASC runs a range of training and rescue courses for persons wishing to become outdoor guides/emergency rescue personnel. Check out our course information below or call NOASC for futher information.

セクションの中に...

バックカントリー雪崩講習会

バックカントリー雪崩講習会 (2)

年にNOASCではバックカントリー雪崩講習会を行っています。

アイテムを見る...

PICT0012BCequipment 魅力的な自然のままのパウダースノーや深い新雪を目当てに、たくさんのスキーヤー/スノーボーダー/テルマーカーがバックカントリーやサイドカントリーなどへと出かけていきます。事故を防ぐために簡単な知識と技術を学ぶ上により楽しく新雪を滑れることが出来ます。

noascbaaac7ニセコでNOASCバックカントリー雪崩講習会(BAAC)です。魅力的な自然のままのニセコのパウダースノーや深い新雪を目当てに、たくさんのスキーヤー/スノーボーダー/テルマーカーがバックカントリーやサイドカントリーなどへと出かけていきます。適切な準備して置くべきです。事故を防ぐために簡単な知識と技術を学ぶ上により楽しく新雪を滑れることが出来ます。

2013/06/18(火) 14:29

Training Course Terms and Conditions

投稿者:

Our Swiftwater Rescue Technician (SRT-1), Advanced Swiftwater Rescue Technician (SRT-2), Technical Rope rescue (TRR), and Rescue Boat Handing (RBH) and Backcountry Avalanche Awareness (BAAC) courses provide participants with the fundamentals of survival and rescue techniques in each respective situation.

During these courses participants will be learning skills in the outdoors. As you will be entering the river, remote areas, hazardous situations. Such as there are various risks involved with this type of training. 

PLEASE READ: By applying to particpate in these course(s) I understand, acknowledge all risks and agree to be bound by the terms and conditions outlined below?

NOTE:

  • All courses are ONLY run if minimum participant numbers are reached prior to the course application deadline.
  • Your course booking application is only confirmed once we have received into our bank account your course fees and this has been confirmed by our accounting staff, or a receipt has been issued to you by NOASC/Rescue 3 Japan. If course is not run, particpant's course monies will be refunded, minus any transfer fee/bank fee that may be incurred.
  • Payments: Please contact NOASC for payment details. All transfer/bank fees, other charges, are born by the participant. The exact course fee amount must be deposited into our account.
  • Cancellations: 21-14 days or 13-8  days prior to course date, 30% of total course fee , 7-2 days before course 40%, day before course 50%, on the day of the course or no show 100% cancellation fee will be incurred.
  • Accommodation:  For help finding accommodation please contact Outdoor Travel Japan Tel (+81)136-21-2171, Fax (+81) 136-21-2172, or e-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。. www.outdoortraveljapan.com.
  • Course Meeting Times: Normally your course will start at 8am.
  • Complimentary pick-up service: Please contact NOASC if you need a pick-up service from your Niseko accommodation.
  • Accredited Courses: Swiftwater Rescue Technician (SRT-1)  & the Advance course (SRT-2), Technical Rope Rescue (TRR) are Rescue 3 International Accredited courses.

 

1 ) On all river based courses (SRT-1, SRT-2 and RBH-1):

Minimum Skill level of Participant: must be able to swim competently with a PFD on.

Minimum Age: Must be healthy and over the age of 18 years of age. For private courses this age requirement can be waviered with written consent by parent/guardian being provided.

Wavier/release/Idemnity: A liability waiver is a legal document will be required to sign to acknowledge the risks involved in your participation. You will be required to read, understand and sign this form prior to your participation, at the start of this course.

Course application deadline:  normally 2-3 weeks before, or the maximum participant number is reached, which ever comes first. Please check the application closing date on course advertisment.

 

2) On land based courses (TRR)

Minimum Skill level of Participant:  Rescue enthusiast who wishes commence learning about technical rescue methods using rope and rope systems.

Minimum Age: Must be healthy and over the age of 13 years of age. For persons under the Japanese legal age of 20 years, a parent/guardian will be required to sign the wavier/release/Idemnity Registration form and also particapte on the course.

Wavier/release/Idemnity: A liability waiver is a legal document will be required to sign to acknowledge the risks involved in your participation. You will be required to read, understand and sign this form prior to your participation, at the start of this course.

Course application deadline:  normally 2-3 weeks before, or the maximum participant number is reached, which ever comes first. Please check the application closing date on course advertisment.

 

3) For our Backcountry Avalanche Awareness Course (BAAC):

Minimum Skill level of Participant: winter enthusiast who wishes to venture into the backcountry while snow is on the ground. Must be of an intermediate skier/snowboarder level or above, able to ski off-piste runs/powder competently.

Minimum Age: Must be healthy and over the age of 13 years of age. For persons under the Japanese legal age of 20 years, a parent/guardian will be required to sign the wavier/release/Idemnity Registration form and also particapte on the course.

Wavier/release/Idemnity: A liability waiver is a legal document will be required to sign to acknowledge the risks involved in your participation. You will be required to read, understand and sign this form prior to your participation, at the start of this course.

Course application deadline:  1 week before, or the maximum participant number is reached, which ever comes first. Please check the application closing date on course advertisment.

 

If you are not sure about anything of the above, please contact NOASC.

個人装備と持ち物?

SRT-1, SRT-2 & RBHの場合は

個人装備:個人用ドリンクカップ ノート ボールペン リバーナイフドライスーツ(ガスケットの劣化注意)ネオプレーングローブ・キャップ・ソックス冬用防寒着(帽子手袋含む)PDF(リリースベルト付が好ましい) ホイッスル(FOX40)ヘルメット、ベルト付スローバッグ 有れば携帯魔法瓶(テルモスなど)※座学用飲物(紅茶・コーヒー・ジュースetc)眠気防止おやつ持参大歓迎

TRRの場合は 

個人装備: ノート筆記用具(複数色)・ヘルメット・ホイッスル・ハーネス(レンタル有り)皮手(安価な物でも問題在りません)・屋外講習用防寒着、雨具など長時間の講習になりますので魔法瓶にお茶、おやつ、行動食などお好みでお持ちください。     

希望の方はカメラ(デジカメ可)ビデオ撮影等、動画は不可ですが写真撮影は可能です。NOASCに宿泊希望の方は寝具・グラウンドマット・テントなどをご持参ください。

BAACの場合は

必須個人装備
滑走用具・ヘルメット・バックカントリー登高用具ビーコン・プローブ・ショベル・ザック・筆記用具・弁当・おやつ・お茶 ※ レンタルあり (有料)数に限りがございますので申し込みの際に予約してください。

コースの紹介:

峡谷や崖、あるいはビルや鉄塔、地下道や洞窟など、足場が不安定で高低差がある場所で、 ロープを使用したレスキュー活動を行う際に必要となる知識や技術、また安全確保などを体系的に学びます。
クライマーが登攀中に行う、山岳救助と呼ばれる技術とは区別された、組織的レスキューを前提にしていますので、消防や高所作業を行う企業などにもっとも有効なトレーニング・プログラムです。アメリカの消防基準であるNFPANational Fire Protection Association=全米防火協会)のスタンダードを基準とした、3日間のテクニカルロープレスキューコースです。現在、全国で新しい資器材を利用した都市型ロープレスキューの導入が進んでおります。

 

このクラスでは、より複雑で困難な状況下でのレスキュー活動を想定し、レベル1クラスで学んだ知識や技術を総合的に使い、
それを発展させながら学んでいきます。いわばレベル1のアドバンスド・バージョンです。

このクラスは、通常2日間の日程で、約4時間の机上ディスカッションと、約12時間の実技訓練という内容でプログラムが 構成されています。このクラスでは、単なる救助活動だけでなく、捜索活動も重要項目となります。このためレベル1ではなかった、 夜間のリバーレスキュー方法(ナイト・サーチ)を実地で学んでいきます。


   
そのほかの講習内容として、発展的なチームの組織作りから高度な組織編成によって行う救助活動のための計画の作り方、 およびその実行の方法論、特殊なロープワークによる基本的な上昇と降下の技術、高度な担架の使用法、有効的なチーム活動法、実験的な リバーレスキュー装備についてなどが挙げられます。
   
このクラスを受講する場合は、受講資格として、すでにレベル1クラスの認定を受けていることが必要になります。
   
滞りなくクラスを修了した人には、RESCUE 3国際認定書(2年間有効)が発行されます。

 

スイフトウォーターレスキューテクニシャン・レベル1クラス
このクラスは、通常3日間、全体で約30時間の講習日程で行われます。流水でのレスキューの基本から応用までを学ぶ 総合カリキュラムで、カヌーやラフティング、川でのアクティビティーの企画運営者が身に付けておきたい講習です。

スイフトウォーターレスキュー(急流救助活動)は、さまざまあるレスキュー活動の中でも、もっとも危険性の高いレスキューと 言われています。実際、これまでに多くの救助者の尊い生命が犠牲となりました。アメリカの消防関係の統計では、消火活動と比較して約4倍の 犠牲者を出していると言われています。